カレンダー

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

優莉(ゆうり).Az

Author:優莉(ゆうり).Az
性別 :男
年齢:30代前半
家族:嫁1人、Az1人
職業:製造業 生産管理業務

好きなもの:読書(ファンタジー小説は大好き)・数独・ 最近書き始めた詩を書く事・音楽鑑賞・ 自分の車(LEGACY B4 2.0GT)・ガンダム・キレイなもの・ 朝の光・雨の音・カレーライス・サプリメント 

嫌いなもの:暗い所・高い所・暑い所・人がたくさんいる所・ 汚い言葉・ 怒鳴り声・人の視線・人に会う事・ 怖い話・ホラー映画・お腹の脂肪・虫達(うつの虫は一番キライ)
       
病気:うつ病・不安障害・他色々・・・

2006年PTSDと診断。2009年鬱病と診断される。
2009年4月14日~8月8日まで鬱病のため入院。
現在自宅療養中。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Azへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君は憶えているかい?

あの夏の夜を

夜空いっぱいに舞う

無数の煌めきが

夜空を照らし

一瞬の輝きが

僕らを包んだ

遠いあの夏の夜を

空を漂う白い煙が

硝煙の匂いを残し

儚く消えていくように

移ろい行く二つの影は

記憶の中でだけ

交わり重なり合う

あの夏の夜の

花火の輝きとともに

胸の奥に

そっと今も

思い出の欠片となって

輝き続けてるんだ

記憶の片隅で

今も

あの頃のまま

輝き続けている

懐かしい夏の匂いが

色褪せることなく

甦らせてくれる

大切な記憶の宝石(カケラ)

たとえ

儚く散ってゆく

一瞬の輝きだとしても

何度でも輝き続けよう

君が残してくれた

思い出の欠片が

生きる勇気を

甦らせてくれるから

君への感謝の祈りとともに

大切にして生きていくよ


☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。