カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

優莉(ゆうり).Az

Author:優莉(ゆうり).Az
性別 :男
年齢:30代前半
家族:嫁1人、Az1人
職業:製造業 生産管理業務

好きなもの:読書(ファンタジー小説は大好き)・数独・ 最近書き始めた詩を書く事・音楽鑑賞・ 自分の車(LEGACY B4 2.0GT)・ガンダム・キレイなもの・ 朝の光・雨の音・カレーライス・サプリメント 

嫌いなもの:暗い所・高い所・暑い所・人がたくさんいる所・ 汚い言葉・ 怒鳴り声・人の視線・人に会う事・ 怖い話・ホラー映画・お腹の脂肪・虫達(うつの虫は一番キライ)
       
病気:うつ病・不安障害・他色々・・・

2006年PTSDと診断。2009年鬱病と診断される。
2009年4月14日~8月8日まで鬱病のため入院。
現在自宅療養中。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Azへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるで枯れた花のないバラのよう

しっかり根だけは張って

そのトゲだけは研ぎ澄まされ

触れるものを傷つける


言葉には力がある

想いを託す力

想いをのせて

人から人へと運ぶ力

心に響く言葉の力

人を生かしも殺しもする強い力

使う人によって変化するその力は

それを使う人自身の心も

時には傷つける


相手を想う慈しみの言葉

懸命に生きる人の

喜びや悲しみ、苦しみや怒りの

想いをのせる言葉

相手に伝えたい、わかって欲しい

こうあって欲しい

そういう相手に呼びかける

想いのこもった言葉は美しく

そして心に響く


ある中傷の言葉を目にした

響きのない枯れた言葉

ただ傷つける

それだけの言葉


言葉も書いた人も

枯れたバラのよう


今を生きているようで

生きていない

ただ人を傷つける存在


酷い言葉も汚い言葉も

相手を想う心をのせた言葉は

美しく人の心へと響く


傷つけるためだけに

放たれた言葉に響きはなく

相手を傷つけ

言葉を放った人の心も蝕み

花を咲かせ輝きを放つこともなく

本当の意味で生きてはいない


全ての人にしっかりと

周りを見つめて生きて欲しい

自分を見つめて生きて欲しい

言葉を使える人として

今を生きるために

生まれてきたんだから


全ての人に素敵な花を咲かせて

輝きを放って生きて欲しい

心に響かない言葉なんていらない


僕の言葉は届いていますか?

あなたの美しい心に響く

素敵な言葉を聞かせて欲しい

僕の言葉があなたに届けばいい

そう願ってる

今までもこれからもずっと


枯れたバラの花もいつしかまた

美しい花を咲かせて輝きを放つように

あなただけの素敵な花を咲かせて生きて欲しい

今をしっかりと生きて欲しい



☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
ひとっていう字は

一本の棒と一本の棒が支えあって

人って書く

昔見たドラマの中で

そんなこと言ってたね


ひとにはみんな

個性がある

得意なこと、苦手なこと

人が生きていくって

誰かの足りないものを

誰かが補って

一人じゃダメなら二人で

二人でダメなら三人、四人

そうやってどんどん皆集まって

生きてきたんだよ


決して誰かの苦手なものを

非難したり、馬鹿にしたり

誰かを憎んだり、傷つけたり

そんなことのために

人が集まって生きてるんじゃない

一人じゃ生きていけないから

支え合って生きる生き物だから

集まって皆で生きてる


だから苦しまないで

一人じゃないから

支えてくれる人がいないなら

僕があなたを支える

最初の一人になるから

僕が支えられないなら

きっと誰かがまた支えてくれるから

だから一人で苦しまないで

消えてしまいたいなんて

悲しいこと言わないで


そしてもしあなたの傍に

苦しんでいる人がいたら

あなたも最初の支えになってあげて

僕があなたを見ているように

あなたも苦しんでいる人を見てあげて


僕らは決して

見えない振りをするのはやめよう

少しの勇気を持って

目をそらすのはやめよう

見ない振りをすることは

自分を殺すのと同じ

見ない振りをする心が

巡りめぐって広がって

あなたを苦しめるから


苦しんでいる人を見る

優しい目と勇気を持って

あなた自身も見つめれば

決して自分で自分を傷つける

そんな悲しいことも

絶対しないはず


人であるということは

そういうふうに生きることが

自然なんだよ

僕はあなたを見てる

だからあなたは

あなた自身と誰かを見てあげて欲しい

苦しいときは助けを求めていいんだよ

助けを求めてる人がいたら助けよう

僕らはそうやってこれからも生きてゆこう


決して一人じゃないことを

一人じゃ生きれないことを

忘れないで欲しい

僕らは優しい目と少しの勇気をもって

これからも一緒に生きてゆこう





追記:このAzの詩「ひとであること」は
    とまとさんのブログ「雨のち虹。時々とまと」
   「母ちゃんが泣いた日」という6つの記事
   そしてkanaさんのブログ「きらきらひかる。」
   「不器用。」という記事
   お二人の記事を読ませていただき書きました。
   
   とまとさんの強く優しい親と子の想いそして人が心に
   抱いて生きないといけない想い。
   kanaさんの懸命に生きる姿と苦悩を感じて、その想いと
   私の想いを感じたままに拙い言葉ではありますが私の
   言葉で詩に想いを託してみました。
   勝手に詩にしてしまい、申し訳ありません。
   一人でも多くの方が優しい目と勇気を持って生きることの
   大切さを感じてもらいたい、一人で苦しんでいる方に決して
   一人ではないということを伝えたいと思い、詩を作ってしま
   いました。
   とまとさん、kanaさん本当に申し訳ありません。
   そしてありがとうございます。
   お二人のこれから、この詩を読んでいただいた方の人生が
   素敵なものになることを心から願っています。


☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。