カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

優莉(ゆうり).Az

Author:優莉(ゆうり).Az
性別 :男
年齢:30代前半
家族:嫁1人、Az1人
職業:製造業 生産管理業務

好きなもの:読書(ファンタジー小説は大好き)・数独・ 最近書き始めた詩を書く事・音楽鑑賞・ 自分の車(LEGACY B4 2.0GT)・ガンダム・キレイなもの・ 朝の光・雨の音・カレーライス・サプリメント 

嫌いなもの:暗い所・高い所・暑い所・人がたくさんいる所・ 汚い言葉・ 怒鳴り声・人の視線・人に会う事・ 怖い話・ホラー映画・お腹の脂肪・虫達(うつの虫は一番キライ)
       
病気:うつ病・不安障害・他色々・・・

2006年PTSDと診断。2009年鬱病と診断される。
2009年4月14日~8月8日まで鬱病のため入院。
現在自宅療養中。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Azへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ☆足跡の彩り☆


瞳に映る彩り

虹色のかぜ

とてもやわらかだけど

確かな感触


真っ白なページに

描くように

自分だけの素敵な絵の具で

自由に

ゆっくり

ゆったり

やさしく

みんなにやさしく

感謝しながら

足跡を描いてゆこう

そしたら

自然に笑顔になって

たくさんの優しい

笑顔のひかりと

やわらかな彩りのかぜが吹く

あなた色の素敵な明日がやってくるから



☆ランキングに参加しています☆
☆1日1回の応援のクリックお願いします☆

 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

☆夢の続き☆

窓の向こうに見える空

ちょっと雲が多いけど

窓の向こうからくる

朝の光と

朝の匂い

小鳥達のおはようを

風にのせて部屋に

流れてくる


今ベットに腰掛けて

詩を書いてる

さっき夢の中で君が僕を呼んでくれた

朝目が覚めてカーテンをあける君

何か素敵なものを見つけて

僕の方を見て

すごく嬉しそうに僕を呼んで

外を指差して

優しく「見て」って言った


僕は目が覚めた

隣にいる君

今呼ばなかった?

「カーテン開けるね」って言っただけだよ

不思議そうに見つめる君


そうか

僕の願いなんだね

僕の隣にいる君

君と一緒に

素敵なもの見つけたい

見ていたい

見続けたい


きっとそんな想いが

夢を見させたんだね

朝の光が見せてくれた

一瞬の夢


でも明日も同じ光の中に

君と一緒にいる

明日も素敵な朝がやってくるから


また気持ちよさそうに眠る

君の寝顔を見ながら

僕は詩を書いてる

夢の続きを



☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
遠くの

空と海が混ざり合っている

ぼんやりとした空間を見つめて


あの向こうの世界に

想いを馳せていると

いつの間にか疲れは消えて

今なら何処までも行ける

あの空と海の境界の向こう側へも


そんな強い想いが

ひかりが

胸に広がって


今までの夏の日射しが

より眩しく輝いて

目の前に広がる

海や空

砂浜の白い輝き

波しぶきの弾ける白い煌き

空を舞う鳥達が

より鮮やかに

瞳に映し出されて


波の音、風の音が

よりリアルに

聴こえて


いつの間にか

頬がゆるんで

空と海に

この世界に

全てに向かって

両手をいっぱいに広げて

身体全部で光を感じて

喜びに包まれて


何処までもゆける

生きてゆける

この世界で


こんなにも光に満ちている

輝ける世界で

生きてゆく



静かな波の音を

背に聴きながら

ゆっくりと歩み始める

吹き続ける心地よい潮風が

夏の日射しをそっとやわらげてくれた



☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
疲れたどり着いた砂浜

波の音

潮風の調べ

砂を踏む足音

眩しい海の青が

空の青が

どこまでも広がって


空と海の境界が

ぼんやり混ざり合って
海と空の境界


潮の心地よい匂いを

風にのせて

疲れも

立っていることも

海を見に来たことも

風に流されて


ただ瞳に映る

どこか懐かしい

どこまでも広がる

青の世界に

想いが溶け込んで


ただ刻だけが

ゆっくりと過ぎてゆく
夏の光


夏の強い日射しが

想いを現実に

夏の海へと引き戻し


優しい波の音

足下に打ち寄せては

消えてゆく

波のいくつもの泡を感じて

儚さを感じながら
波打ち際


遠くの防波堤へ

白く輝きを放ちながら

力強く打ち付ける

波のように

風が潮の香りを

遠くへ運ぶように


どこまでも広がる

あの境界の向こう側へ

たどり着きたい


想いはどこまでも

広がってゆく


ただそう強く願っていた




☆1日1回の応援のクリックお願いします☆
 ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。